servitonerpalencia.com

葬儀の際の写真撮影が増えています

葬儀の際の写真撮影が増えています 最近の葬儀では、写真撮影される方が増えているのをご存知ですか。葬儀のときに写真撮影なんてすごく意外な感じもしますが、実際にわたしも祖父のお通夜で写真係をやったことがあります。そのときの主な目的は、お花やお供えをもらった方の名まえや、それをどんな順番に祭壇に並べたか記録するためでした。記録しておくことで、次に祖母の葬儀を行うときの参考にもなりますし、お花やお供え物を下さった方には、同じようにお返ししなければならないので、その参考にもなります。どれくらいのお供え物をもらったか覚えておくためにも写真が良いということで、撮影することにしました。

最近は、葬儀社の方でカメラマンを用意してくれるところもあるようです。実際のお通夜やお葬式の最中にも様子を撮影してくれ、後日写真集としてくれるというサービスも増えているようです。亡くなった本人は見ることのできない物ですが、家族にとっては故人と過ごす最後の時でもあります。写真におさめておきたいという気持ちも理解できますよね。葬儀の形式自体も、人によってそれぞれ変わってきているので、サービスが多様化していくのも当然のことなのでしょう。まだまだ葬儀での写真撮影には抵抗がある方も多いとおもいますが、いつかそれが当たり前の時代が来るのかもしれません。

Copyright (C)2019葬儀の際の写真撮影が増えています.All rights reserved.